HTMLタグ/CSS一覧と初心者向けホームページ作成解説集:HTMLタグボード

HTMLタグボードのトップへ戻る ゼロから始めるホームページ作成講座 訪問者優位のWEBデザインTips インターネットで小遣い稼ぎ 今すぐ使える!便利ツール(HTMLタグ辞典など)


テーブルタグ

表を挿入する

<table><tr><td>

表(テーブル)は単に、情報を整理するための用途以外にもページ全体の段組などにも使用でき、使用頻度の高いタグです。ぜひ、ここでマスターしておきましょう。

テーブルタグは<table>タグ単体では、動作しません。このタグの他に表の行を表す<tr>、さらに列を表す<td>タグがあって初めて表が現れます。従って、表のオプションを省けば、<table><tr><td>が一つのセットと考えると良いでしょう。

タグをコピーする

<tr>は行、<td>はその行に対する列を表しますので、例えば、1行に3列表示したい場合は、<tr>タグ内に<td>を3つ書き入れます。そして、一つの領域をセルと呼ぶとすると、セル内に書き入れる文字は左側のセルから<td>タグ内に収めていきます。詳しくは以下の例を見てください。

記述例

<table border="1">
<tr>
<td>左側のセル</td>
<td>中央のセル</td>
<td>右側のセル</td>
</tr>
</table>
左側のセル 中央のセル 右側のセル
※分かりやすいように表に枠をつけています。

この仕組みを理解すれば、後は簡単です。例えば、2行3列の表を作りたいのであれば、<tr>タグが2つ、<td>タグは各行に3つですから、<td>タグは全部で6つ書く必要があります。

☆ワンポイントアドバイス

さらに細かい表の設定は以下のテーブルタグ一覧をご覧ください。

参考

タグをコピーするには?

操作方法

→マウスでフォーム内に書かれたタグをクリックするとタグがハイライトするので、マウスの右クリックでコピーするか、キーボードの[Ctrl]+[C]を押すと、コンピュータのメモリに記憶されます。後は任意の場所に貼り付けてください。