HTMLタグ/CSS一覧と初心者向けホームページ作成解説集:HTMLタグボード

  • HTMLタグボードのトップへ戻る
  • ゼロから始めるホームページ作成講座
  • 訪問者優位のWEBデザインTips
  • インターネットで小遣い稼ぎ
  • 今すぐ使える!便利ツール(HTMLタグ辞典など)

サイト内検索

複数のページを整理

ページ数が多いサイトの場合は、コンテンツやメニュー、ナビゲーションが整理され、正しく機能していても、目的のページを探すのにはやはり時間を要してしまいます。そこで少ない操作で目的のページを表示させるにはすべてのページを検索できる機能が必要になってきます。そこで、GoogleやMSN、Yahooなどの検索同様のシステムを自分のサイトにも応用したものが、サイト内検索システムです。

このサイト内検索を導入すると、ユーザが目的のページを検索する際に、必要な検索語を入れることで、検索語を含むページをリストアップできます。一般的な検索エンジンと大きく異なるのは、検索対象が自分のサイト内のページのみであるという点です。

導入するには

サイト内検索を導入する方法は、大きく分けて2つあります。一つは独自のデータベースを構築して検索システムを導入する方法です。これはサーバーの環境に依存し、導入の敷居が高いのであまり使用されていません。もう一方が一般的で、大手の検索エンジンを利用する手段です。

これはあくまでシステムを借りるものですから、誰でも簡単に導入することが出来ます。サイト内検索で有名なのはGoogleとMSNのロボット型検索エンジンです。ロボット型はページ登録数が多く、自動でページをどんどん登録してくれますので、サイト内検索に向いています。

ただし、欠点もあり、検索対象に登録されるページはすべてこれらの検索エンジン任せであり、登録されていないページは検索の対象となりません。登録されていないページを申請することも出来ません。また、登録されるまで時間がかかるので、新しいページほど登録されにくく、検索結果の反映にタイムラグが生じます。

実際の導入

実際の導入方法は、各検索エンジンのWEBマスター向けの情報に詳しく書かれていますので、そちらを参考にしてください。

Google VS MSN

最近までは、サイト内検索と言えばGoogleが主流でした。Googleが一番利用者の多い検索エンジンであるからというのが、その理由です。しかし、最近になって(2005年6月)MSNサーチの検索システムが変わり、登録ページ数こそGoogleには負けるものの、MSNの検索能力もGoogleに匹敵するようになってきました。新MSNサーチは単語の羅列ではなく、しっかりとした文章を含むページを好むようです。

また、MSNの巡回ロボットはGoogleに比べサイトに訪れる頻度が多く、反映までの時間が早いようです。このような理由からサイト内検索はMSNも十分利用価値があります。

詳しくは当サイトのブログ「サイト内検索に新MSNサーチを使う理由」 をご覧ください。

使用例は?

当サイトはサイト内検索を導入していますので、ページ上部右側にあるサイト内検索で動作をお確かめください。

最適な挿入位置

サイト内検索の最適な挿入位置は、総合メニューに近い箇所に導入するのが、使いやすさの点から考えて良いと思われます。また、サブメニュー直下でも良いかもしれません。自分が使いやすいと思う場所に、挿入するのが良いでしょう。

☆ココがポイント!

サイト内検索は、ページ数が多いほど、その効果を発揮できます。導入も決して難しいものではなく、大手の検索エンジンを利用すれば、誰でも簡単に導入できます。

こんな時どうする?

サイト内検索をインラインフレームで導入するには

インラインフレーム (紹介サイトへ)

こんな時どうする?

その他のサイト内検索について教えて

様々なサイト内検索の紹介 (紹介サイトへ)