HTMLの種類・バージョンを指定する

<!DOCTYPE HTML PUBLIC “”>

HTML文書を作成するにあたり、そのHTMLファイルがどのような決まりに基づいて書かれたHTMLファイルであるか、文頭(<html>タグよりも前)でドキュメントタイプを宣言(DTD)する必要があります。

HTML4.01で記述を行う場合、種類が3つに分かれます。

Strict DTD

HTML4.01本来の記述に厳格に従います。非推奨の要素やフレームを使うことができません。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01//EN” “http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd”>

Transitional DTD

要素の位置など比較的甘い記述ができますが、フレームを使用できません。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN” “http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd”>

Frameset DTD

Transitional DTDにフレームの使用を加えた宣言です。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN” “http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd”>

HTML5での記載方法について

HTML5(Version5)ではDOCTYPE宣言が明確な意味を持たないようになりました。

したがって、以下のように表記はシンプル化され、大文字、小文字を区別せずに短く記載します。

<!DOCTYPE html>
ただし、DOCTYPE宣言によるブラウザの標準モード、互換モードの切り替えはHTML4.01と同様に記載の有無で切り替わりますので、標準モードで表現する場合は、必ずDOCTYPE宣言を記載するようにしましょう。

関連情報

最新情報をチェックしよう!