HTMLタグ/CSS一覧と初心者向けホームページ作成解説集:HTMLタグボード

HTMLタグボードのトップへ戻る ゼロから始めるホームページ作成講座 訪問者優位のWEBデザインTips インターネットで小遣い稼ぎ 今すぐ使える!便利ツール(HTMLタグ辞典など)


空のセルの境界線の表示有無を決める

CSSの書き方

empty-cells:値 ;

CSSの詳細情報
プロパティ名 empty-cells 読み方 エンプティ・セルズ
初期値 show 意味 空のセルに対する境界線の表示方法
show/hide
対象 table-cell(表のセル)要素
CSSレベル CSSレベル2 対応ブラウザ Windows MAC
継承 する FF1.0/NS7.1/OP8.0 SF/IE5.0

解説

「empty-cells」プロパティは、表の空(内容のない)のセルに境界線を引くかどうかを指定するスタイルシートです。「border」プロパティによって、境界線が表示されるように指定されている場合に有効です。なお、このプロパティを指定していない場合、空のセルには境界線は引かれません。

値(show)

「empty-cells:show;」のように初期値を指定した場合は、セルの中身がない空のセルでも境界線は表示されます。

値(hide)

一方、「empty-cells:hide;」のように値を指定した場合は、セルの中身がない空のセルに境界線は引かれません。ただし、スペースや改行、タブなども内容があると判断されますので、完全に中身が空のセルに限ります。

IEは一部非対応

Windows版のInternetExplorerはこの「empty-cells」プロパティに対応していません。

CSS/HTMLサンプル

table { empty-cells:show; width:350px; border:1px solid #666666; background:#f6f6f6;}
td { border:1px solid #666666; padding:2px; }

表のセルが空の場合でもそのセルの境界線を表示するように指定 サンプル