HTMLタグ/CSS一覧と初心者向けホームページ作成解説集:HTMLタグボード

HTMLタグボードのトップへ戻る ゼロから始めるホームページ作成講座 訪問者優位のWEBデザインTips インターネットで小遣い稼ぎ 今すぐ使える!便利ツール(HTMLタグ辞典など)


フォントタグ

見出しを付ける

<h1>〜<h6>

新聞のヘッドラインのように、文章や段落の見出しを付ける時に使います。
見出しは<h1>、<h2>、<h3>、<h4>、<h5>、<h6>まであり、特に<h1>は大見出しと呼ばれます。
見出しにしたい文章を各見出しタグで囲みます。

タグをコピーする
※『x』は1〜6までの数字を表し、上記の各見出しタグと対応させてください。

記述例

<h1>見出し1</h1>
<h2>見出し2</h2>
<h3>見出し3</h3>
<h4>見出し4</h4>
<h5>見出し5</h5>
<h6>見出し6</h6>
各見出しのサンプル

<hx align="">

見出しの配置場所(文字の表示位置)は左寄せ、中央揃え、右寄せが可能です。
見出しタグに「align=""」の属性を追加します。xは1〜6までの数字を表し、上記の各見出しタグと対応させてください。

タグをコピーする

記述例

<h4 align="left">見出し左寄せ</h4>
<h4 align="center">見出し中央揃え</h4>
<h4 align="right">見出し右寄せ</h4>

見出し左寄せ

見出し中央揃え

見出し右寄せ

☆ワンポイントアドバイス

見出しタグをHTML内に複数使用しても構いませんが、一般的には<h1>から<h2>、<h3>のように順番に記述するのがHTML構文上自然な配置です。乱用は避けましょう。また。見出しは文字の大きさを変えるためのタグであるという認識や見出しが「上下1行+改行」だという認識は間違った理解です。詳しくは関連情報をご覧ください。

→関連情報

参考

タグをコピーするには?

操作方法

→マウスでフォーム内に書かれたタグをクリックするとタグがハイライトするので、マウスの右クリックでコピーするか、キーボードの[Ctrl]+[C]を押すと、コンピュータのメモリに記憶されます。後は任意の場所に貼り付けてください。