HTMLタグ/CSS一覧と初心者向けホームページ作成解説集:HTMLタグボード

HTMLタグボードのトップへ戻る ゼロから始めるホームページ作成講座 訪問者優位のWEBデザインTips インターネットで小遣い稼ぎ 今すぐ使える!便利ツール(HTMLタグ辞典など)


ページ定義タグ

標準のJavascript言語を指定する

<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">

Javascriptを使って画像の切り替えや、マウスオーバーなど制御する場合、Javascriptをページ内に直接記述、または外部ファイルで読み込ませますが、このようにJavascriptをページで使用する場合は、ページの冒頭でこの情報を記述し、使用しているブラウザにJavascriptを使用していることを伝えなければなりません。

メタタグにより、HTML構造の<head></head>内に挿入します。

タグをコピーする

記述例

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<title>デザイナーズ プロジェクト [DSPT]</title>
</head>
<body>
</body>
</html>

☆ワンポイントアドバイス

記述しなくとも、最近のブラウザは自動認識をしてくれますので省略しても問題はありませんが、本来は記述すべき内容です。

→関連情報

参考

タグをコピーするには?

操作方法

→マウスでフォーム内に書かれたタグをクリックするとタグがハイライトするので、マウスの右クリックでコピーするか、キーボードの[Ctrl]+[C]を押すと、コンピュータのメモリに記憶されます。後は任意の場所に貼り付けてください。