HTMLタグ/CSS一覧と初心者向けホームページ作成解説集:HTMLタグボード

  • HTMLタグボードのトップへ戻る
  • ゼロから始めるホームページ作成講座
  • 訪問者優位のWEBデザインTips
  • インターネットで小遣い稼ぎ
  • 今すぐ使える!便利ツール(HTMLタグ辞典など)

アフィリエイトの理解

アフィリエイトとは

アフィリエイトは、自分のホームページ上で様々な広告を掲載することによって、商品やサービスを紹介し、成果に応じて報酬を受けとるシステムのことです。インターネットが普及し始めた頃、WEBサイトは単なる情報の発信源に過ぎませんでしたが、インターネットが生活の一部となりつつある現在では、WEBサイトが新たなビジネスチャンスとして注目されています。

アフィリエイトの仕組み

では、アフィリエイトの実際の仕組みを見ていくことにしましょう。アフィリエイトの本来の意味は「提携」のことを指します。大まかな流れとして、WEBでプロモーションを行いたい企業はECサイト(Electronic Commerce;電子商取引)内で販売する商品について、その広告を一般のユーザ(WEBサイトのオーナー)に提供し、一般ユーザがその商品を自分のサイト内で紹介します。

すると、訪問者は広告を見て、そのWEBサイトを経由して、ECサイトで販売される実際の商品を購入します。その売り上げの一部が広告を掲載したWEBサイトの管理者に報酬として支払われます。

アフィリエイトサイトの仕組み

しかし、実際には企業とアフィリエイトサイトの間に、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)と呼ばれる仲介業者(広告代理店)が存在します。企業と一般ユーザのサイトの管理者が直接交渉を行うのは、広告の管理や金銭の問題が複雑化するため、企業はこのASPに管理を委託する場合がほとんどです。企業とアフィリエイトサイトの間に中間マージンが挿入されていることで、企業と個人双方の利得となるのです。

アフィリエイトによる報酬は成果次第

WEB管理者に支払われる報酬はすべて売り上げ次第となり、完全歩合制の営業職のようなものです。用意された広告をいかに上手くプロモーションして売り上げを稼ぐかは、すべてサイトのオーナー次第です。従って、収入を保証するものは一切ありません。しかし、売り上げ次第ではかなりの収入を得ることもできます。参加すること自体に費用はかかりませんので、そういった意味ではリスクの少ない稼ぎ方と言えます。

アフィリエイトはホームページを持つことから始まる

アフィリエイトサイトを始めるには、最低限ホームページを持っていなければ収入は得られません。お店を開くのに肝心のお店がなければ意味がないのと同じです。ホームページ上のスペースに広告を掲載することがアフィリエイトの始まりですから、まずは内容のしっかりとした訪問者の多いサイトを作ることが必要です。

こんな時どうする?

WEBサイトの広告について詳しく教えて

WEBサイト広告

こんな時どうする?

ホームページを作ったことがないけど大丈夫?

ホームページ作成講座