HTMLタグ/CSS一覧と初心者向けホームページ作成解説集:HTMLタグボード

HTMLタグボードのトップへ戻る ゼロから始めるホームページ作成講座 訪問者優位のWEBデザインTips インターネットで小遣い稼ぎ 今すぐ使える!便利ツール(HTMLタグ辞典など)


HTMLタグボードトップ >> 今すぐ使える!便利ツール >> スタイルシート(CSS)辞典 >> リンク/その他 >> 未訪問リンクと訪問済みリンクの書式を指定する

未訪問リンクと訪問済みリンクの書式を指定する

CSSの書き方

a:link { プロパティ:値; プロパティ:値; …; }
a:visited { プロパティ:値; プロパティ:値; …; }

CSSの詳細情報
対象 リンク要素
CSSレベル CSSレベル1 対応ブラウザ Windows MAC
継承 -- IE 5.0以上/FF1.0/NS7.1/OP8.0 SF/IE5.0

解説

未訪問のリンクや訪問済みのリンクの書式を変えるスタイルシートです。色を変えたり、背景に色を付けたりすることができます。なお、「a:link」や「a:visited」という書き方はプロパティではなく、プロパティを指定するクラスのような働きをします。「リンク擬似クラス」と呼ばれ、リンク要素にのみ働きます。

プロパティ

したがって、リンクテキストの色を変えたり背景色を付けたりするには、CSSの書き方にもあるようにこれらのプロパティを別途指定しなければなりません。

クラスやID別に指定する

このリンク擬似クラスは、クラスやIDを指定することによって、特定の部分のリンクにのみ書式を変えたりするということができます。IDを指定する場合は、「a#ID名:link」のように、クラスで指定する場合には「a.class名:visited」のように書きます。また、特定の要素にのみスタイルシートを適用したい場合は、「a:link 要素名」のように書きます。

CSS/HTMLサンプル

a:link { color:red; background:#ffdff9; }
a:visited { color:#666666; }

未訪問リンクは文字列の色と背景を指定、訪問済みリンクは文字列の色のみ変更 サンプル