HTMLタグ/CSS一覧と初心者向けホームページ作成解説集:HTMLタグボード

HTMLタグボードのトップへ戻る ゼロから始めるホームページ作成講座 訪問者優位のWEBデザインTips インターネットで小遣い稼ぎ 今すぐ使える!便利ツール(HTMLタグ辞典など)


セレクタの次のセレクタにだけ適用させる

CSS/HTMLの書き方

CSS
セレクタ前+セレクタ後 { プロパティ:値 ; プロパティ:値 ; …}

CSSの詳細情報
対応ブラウザ Windows MAC
IE7.0/FF1.0/NS7.1/OP8.0 SF/IE5.0
CSSレベル CSSレベル2

解説

あるセレクタの次のセレクタにのみスタイルシートを適用する方法です。例えば、要素Aの次に続く要素Bにスタイルシートを適用したいけど、要素Aの次に続く要素Cにはスタイルシートを適用したくないといった場合に使用します。このような関係にある前後のセレクタを『隣接セレクタ』といいます。

書き方は上記の通り。前後のセレクタの間に半角で「+(プラス)」を挿入します。隣接セレクタの条件は、「どちらのセレクタも同じ親要素を持つこと」となります。

この書き方はWindows版InternetExplorer5.0/5.5/6.0には対応していません。

CSS/HTMLサンプル

h1+h2 { color:red ; }

h1(見出し)の後に続くh2は文字の色は赤 サンプル

次のページへ >>