HTMLタグ/CSS一覧と初心者向けホームページ作成解説集:HTMLタグボード

  • HTMLタグボードのトップへ戻る
  • ゼロから始めるホームページ作成講座
  • 訪問者優位のWEBデザインTips
  • インターネットで小遣い稼ぎ
  • 今すぐ使える!便利ツール(HTMLタグ辞典など)

広告代理店(ASP)とは

ASPは個人と企業の仲介業者

アフィリエイトで収入を得ようとする場合様々な手段がありますが、自分のホームページを持っている人にとっては、自分のホームページに広告を掲載し、その紹介料で稼ぐ方法が一般的です。『アフィリエイトの理解』でもすでに述べましたが、広告をいざ掲載しようとしたとき、直接企業と交渉を行うのは、手間がかかるだけでなく、広告の管理や運営の面でスムーズに交渉は進みません。

ASPの仕組みと企業や個人サイトの関係

そこで、このプロモーションを行いたい企業と個人のWEBサイトの中間に存在し、双方の関係の橋渡し役がASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)です。ASPは企業から広告を管理する業務を請け負い、プロモーションの”場”となる個人WEBサイトとの契約業務を行います。

ASPによって提携している企業が異なることから、ASPで扱う広告も様々です。そのため個人サイトは、自分のサイトの内容と合致する、またはサイト内で紹介したい企業の商品に関する広告を選ぶ必要があり、様々なASPと契約します。

主な広告代理店(ASP)については次のページで紹介します。

こんな時どうする?

広告代理店の詳細を知りたい

ASPの詳細情報

こんな時どうする?

収入を増やすための具体的な対策は?

収入アップを目指す